広大附属福山中入試の点数配分の考え方

広大附属福山中入試の点数配分の考え方

※ この記事は,2019年に書いているものです。

※ 間違い等あれば,ぜひご連絡ください。

各科目の合格者平均点

データを扱う上で頼りになるのは公式発表の数字だ。

学校のホームページで発表されている,各科目の合格者平均点をグラフにすると,次のようになる。

注意すべきは,国語算数の満点が40点,理科社会の満点が30点であること。

各科目の得点率

前述のとおり,科目によって満点が異なるので,百分率すなわちパーセンテージに直したものを以下に掲載する。

直近の2019年度入試に限って言えば国語社会が9割,理科が8割,算数が6~7割といえるが,局所的に見ず,視点を広くとって眺めたほうが良いだろう。

この11年分をまとめてみると…。

国語は9割前後。

算数は年によってバラつきが大きいこと,1問の配点が大きいから一概には言えないが,7~8割だ。最近は難化傾向にあるので,もう少し下げても良い。

理科は8割前後。

社会は全体としてみれば8割前後だが,徐々に平均点が上がっており,今は8~9割となっている。出題のされ方が独特なので,以前と比べれば対策が進んだことも要因として考えられる。

まとめると,国語9割,理科8割,社会8割で,算数はブレがちだが7~8割といったところ。

各科目の目標点

改めて点数に直す。

以前勤めていたときには,私は次のようにアドバイスしていたことがある。

国語 38点,算数 32点,理科 27点,社会 23点,…合計120点。

だが,入試傾向の変化にも敏感になるべきだろう。

理科社会の対策が進んでいること,算数が難化していることを加味して配分するべきだ。

さて,以前記事にした「合計点120点」を目標として考えと…

国語 38点,算数 28点,理科 27点,社会 27点,…合計120点。

このあたりを目標とすれば,ちょうど合計120点となる。

注意したいのは,「点数を取りに行くテスト」というより「ミスをなるべく少なくするテスト」であるから,ミスできる点数に直すと以下。

国語 2点,算数 12点,理科 3点,社会 3点,…合計20点。

こういったかたちになる。

算数が得意な子であれば,算数の目標点をもう少し引き上げることができるし,他科目にももうちょっと余裕ができる。

全科目まんべんなく目標点を目指せるレベルで,さらに算数が得意であれば盤石となるだろう。

最後に,入試傾向は事前に公式に告知されているわけではなく,あくまで過去のデータをもとに分析したものだ。

急に入試傾向がガラッと変化することも考えられるし,そうなったときにも「いつもと違うから」と慌てないようにすることも大切だ。

むしろ入試傾向が変わったときは,「周りの受検者も全員焦っている」ということを考えれば,「周りの受検者が焦っていることに気付いている分,自分のほうが落ち着いてやれる」と意識することができるだろう。

来年度入試の要項の発表が楽しみだ。

友だち追加