ともや

1/43ページ

【テスト】全国統一小学生テスト2020-2

  • 2020.10.19

※「ともや塾」では実施しません。必須ともしておりません。お申込みは各ご家庭でお願いいたします。 毎年2回行われている無料のテストである。 概要など 日付: 11月3日(火・祝) 場所: 三原市…明光義塾(満席) (周辺自治体の会場には残席があるかもしれないので,興味のある方は公式ホームページでご確認ください。) 申し込み方法: 「全国統一小学生テスト」公式ページより。 他,全国統一小学生テストに関 […]

今週の授業 ~10/12-17

  • 2020.10.18

秋は夕暮れ。 翌週は懇談期間とさせていただいております。 小学5年生 国語は毎度の漢字と「随筆」,慣用句などを。 全ての科目の基礎であることを毎回認識させてもらえる科目である。 算数は「場合の数」の問題演習を。 「数え方を考える」単元だけど,これだけのことでも人によってハードルが全く異なるのだなぁと感じる毎日。 理科は「電磁石」の練習。 社会は「情報社会」の復習を。 今のうちに語句に親しんでもらわ […]

【IQ】第7回CAMS検査結果が開示された

  • 2020.10.17

IQ関係の話題が好きなもので。 公式の結果報告 https://www.hiqa.or.jp/post/7th_data IQ165 overが1名! 認知度も徐々に上がってきており,IQを測ったことのなかった高IQ勢が受検し始めているのだと考えている。 もちろん一度の検査結果だからブレはあるだろうけれど,それでもIQの指標として分かりやすいものだと感じている。 ハイレンジIQテスト(高域知能検査 […]

【国語】「卍」

  • 2020.10.16

一発ネタ的な。 「卍」は漢字 …という事実を最近知った。 漢検1級勢は御存じのことだとは思うが…。 部首は「十」,6画。 今まで私は「記号」だと思っていた。 確かに地図記号としての「卍」もあるのだけれど。 小中学校を表す「文」と同じようなもので,漢字をもとにした地図記号という分類なのだろうか。 日本語にこそ,知らないものが多いなと感じたできごとであった。 書き順までバッチリ覚えてしまった…。

ストレスによる視力低下

  • 2020.10.15

…が,SNSで話題に。 心因性の視力低下 小学生や中学生の子どもに多く,メガネやコンタクトレンズでは改善しない場合があるという。 「苦手な先生,苦手な教科だけ見えにくくなる」なんてことも。 「頭の中で考えていること」「見えていること」はそのまま他者へ共有することは不可能だ。 オカルトのように聞こえてしまい,否定する方も現れるだろうし,当人にとってはますます深刻なことなのではないかと感じる。 今では […]

如水館中高の校長先生がいらっしゃった

  • 2020.10.14

「何度か電話したんですけど…。」 スミマセン。ちょうど2日間ほど手薄にしておりました…。 (ふだん営業しか鳴らないのも困りものだなぁ…。) 如水館中高 三原市内にある私立校である。 何度も話題に挙げている気もする。 このたび,校長先生がわざわざ時間を割いて塾へいらっしゃったのだ。 ありがたい! しかも「ともや塾」のブログを読んでいただいていた様子! とてもありがたい! このたびはお話しすることがで […]

【問題集】ゆうしゃドリル

  • 2020.10.13

「役に立つものか否か…」を確認するため購入していたもの。 ドラゴンクエスト ゆうしゃドリル 昨年12月に発売され,SNSなどで話題になっていたもの。 内容は「算数」,推奨学年は「2年生」。 おカタイのがお好きな方にとっては鼻につくだけの存在であるかもしれないが…。 内容をじっくり確認したところ,「算数を好きになるきっかけとして非常に良いもの」という結論。 2年生までに学習する内容で取り掛かれるもの […]

【本】How Children Succeed

  • 2020.10.12

直訳すると,「子どもたちが成功するには?(成功する方法)」…のようになるだろうか。 「How Children Succeed」 以前取り上げた本であるが,夏期講習中にしっかり読み終えていたので,一度アウトプットしておく。 原題は「How Children Succeed」 副題は「Grit, Curiosity, and the Hidden Power of Character」 邦題は販促の […]

今週の授業 ~10/5-10

  • 2020.10.11

え?もう10月も中旬なんです? 小学5年生 国語は「随筆」を。 しつこく書いているかもしれないけれど,「ただ書きたいことを書いただけ」の文章から何を読み取るか?って意外と訓練がいるものなのだなぁと,指導しながら実感しております。 これがあるから,低年齢の教育は現場の感覚が大切だ。 算数は「場合の数」を。 5年生レベルの内容は全て終えたので,今後は問題演習をやってゆこう。 理科は「電磁石」の演習を。 […]

【国語】「的を射る」と「的を得る」

  • 2020.10.10

これも今年になって知ったもの。 「的を射る」と「的を得る」 意味は,「要点を的確にとらえる」など。 で,私自身はどちらの表現も聞いたことがあるが,ここ数年は「的は得るものでなく射るもの」という認識だったのだ。 が,最近になってこの自分の常識をまた塗り替えることができた。 そもそももとの表現は「正鵠を得る」であり,これが「正鵠を射る」「的を得る」「的を射る」などへ変化したそう。 すなわち,「『的』だ […]

1 43