お手紙をいただいた

お手紙をいただいた

「…まさか!あの大乱闘なんたらブラザーズへ出演!?」

(ちがいます。また,動画は内容とは無関係です。)

今年卒業した小学6年生から

受験勉強が終わり,この2月に塾を卒業した子から。

イラスト入りの手書きのお手紙,SNSで連絡が終わるこの時代に,このような文字媒体の手紙がいただけること,タイヘン嬉しい。

当たり障りのない内容程度を抜粋して掲載させていただく。

先生の授業はとてもわかりやすくておもしろかったです。

どんな人の話よりも笑っていました。

「楽しい」がいちばんだと思っているので,このようなコメントがいただけたのはタイヘン嬉しい。

大学生活を送っている卒業生から

9年前(!)の小学6年生からもお手紙が。

今は大学の関係で関西圏にいらっしゃるのですが,電子メールやLINEでなく,お手紙で!

繰り返しになるけれど,この時代に手書きでお手紙をいただけること,タイヘン嬉しい。

(事務的な連絡は電子メールやLINE,かつ簡素なものがありがたいです。)

オサレな紙に,教養のある書き方で書いていらっしゃいまして。

「ようやく人に成ったばかり」という表現等に教養を感じる。

(今年,成人式だったという意を読み取れるはず。)

こちらも当たり障りのない範囲で抜粋して掲載させていただく。

(落ち込んだときに)クスクスと笑いながら見ることのできるブログは,とてもありがたかったです。

少しでも,若い世代の糧になれるのであれば私も嬉しい限りである。

ファンレターって,とてもありがたいです。

通常,顔出しすれば,どちらかというとクレーム等批判の方が声が上がるものですから。

逆にファンである場合,「相手を煩わせてはならない」という思いやりがはたらいたり,「自分が何か送る必要はないのだし,失礼のないように書くのは難しい」といった意識がはたらいたりし,なかなか送ることができないもの。

時間をかけ,勇気を出し,送っていただけること,私こそ感謝しております。

(私自身が筆不精であるため,余計それを感じます。)