ともや塾での初授業から一年

ともや塾での初授業から一年

もう根を下ろした感はあるのだが…。

「はじめてのほしゅう」

…この記事を書いてから,いつの間にか1年が経過していた。

誤解をおそれず述べると,実は,当時は「ひさびさの授業だし,リハビリも兼ねて,無料授業でボランティア活動から始めようかな…」という思いだった。

が,「広大附属福山中対策であれば,私以上に適切に指導できる講師はいない」という自負はあったし,やり始めると,どんどん熱が入るのも分かっていた。

(昨年度通塾してくださった3名の小6生は全員実感していることと思う。)

昨年は,冬期講習から授業スタートであったが,小6生が3名集まっただけで,他学年は集まらなかった。

今振り返ると,小6生だけだったからこそ,ひさびさの指導で1点集中できてよかったと思う。

合否結果はそれぞれとなったが,全員から「ともや塾に通って良かった」と言ってもらえたのが何より嬉しかったものだ。

3月から新年度の授業を始め,「1人でも来てくれると良いなー」くらいであったのだが,いつの間にか10名を越える人数となり,毎日対応に追われている。

目の前の12月テスト,冬期講習,入試,新年度生徒募集,…。

授業のない日を週2回とっているが,終日休みとなる日はなかなか無い。

それこそ「佐賀」に行った2日間くらいだろう。

子どもたちのためにも,自身の体調を第一に考え,活動していかねば。

現在,「冬休み中に授業を行う小学校がある」とのことで日程や時間割を気にしつつ冬期講習を調整したり,欠席日のビデオを撮影して後日視聴できるようにしたいなぁと考えているところ。