尾道北高校の大学合格実績 ~2022

尾道北高校の大学合格実績 ~2022

地域で名を聞く高校を連続で。

※以下,数字等については間違いのある可能性があります。公式情報をご覧ください。

尾道北高校

尾道市内にある,高校3年間の学校である。

国私立を除いた公立高校において,地域では上位校といえる。

県東部では誠之館との比較をよく聞くので,連日で。

中高一貫校へ行かず公立中学校に進学する場合,高校入試を視野に入れる必要があるので紹介。

尾道北高校の大学合格実績2022

公式ホームページ→令和4年度入試進路実績

繰り返し書いておくのだけれど,「人数」に目がいきがちであるが,割合のほうが重要である。

昨年4月時点の高校3年生は189名と公表されていた。

転入,転出の可能性も加味し,「約」と表現する。

・現役生のみ数えると…

東京大1名,京都大3名,…約189名中4名。

最上位層といえる人数は約2%といえるが,これも1ケタ前半の人数ではブレが大きすぎるためあまり参考にならない。

難関10大学(旧帝大+東工+一橋+神戸)へは,約189名中20名。

約10%。ここの層は参考になる。

地域の難関大学である広島大,岡山大へは現役で22名。

ここまでの合計で約189名42名。

校内約20%といったところ。

その他,国立大の合計が約189名中88名でおよそ47%,国公立大の合計が約189名中123名でおよそ65%といったところ。

誠之館高校と比較されるのもよくわかる割合である。

ネット上にある高校偏差値ランキングでも全く同じ数値であった。