学校における熱中症対策ガイドライン

学校における熱中症対策ガイドライン

文科省で公開されているそうで,気になって調べてみた。

学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き

学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き(概要版)

学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き

↑情報ソース。

前者ではP.3,後者ではP.16に表がまとめてある。

31℃以上 → 運動は原則中止

28-31℃ → 厳重警戒(激しい運動は中止)

25-28℃ → 警戒(積極的に休憩)

21-25℃ → 注意(積極的に水分補給)

湿度が高ければ,1ランク厳しい環境条件の運動指針を適用する。

6月下旬から気温が高くなり,また湿度もタイヘン高い。

外に出るとムワッとした熱気におそわれる感覚がある。

今はひと昔前とは気候が変化したのか,亜熱帯のようなゲリラ豪雨が見られる時季も増えた。

熱中症による死亡も毎年のようにニュースになる。

身体を動かすことは大切だけれど,くれぐれも「我慢が良いこと」と思考停止せぬように心がけたい。

「忍耐力」を鍛えるのも大切だけれど,「忍耐力を鍛える」という名目で健康を犠牲に,ましてや命を犠牲にしては元も子もないだろう。