指導者は少ないほど良い

指導者は少ないほど良い

皆でアイデアを考えるとき,知恵を出す人はたくさん居ても良い。

だけど,方針を示す人は少ないほうが良いだろう。

船頭多くして船山に登る

「指図する人が多すぎて,物事が見当違いの方向へ進む」といった意のことわざだ。

組織の中にリーダーが2人おり,全く違う提案を推しあったりしている状況が目に浮かぶ。

さて,何気ない声掛けであったとしても,指導者によっては正反対のことを言っていたりするもの。

例えば,2人の講師A,講師Bの指導を受けていたとして,…

講師A「ええ緊張感をもっていけよ!」

講師B「緊張せんようにリラックスしていけよ!」

…と声掛けをしていたとする。

それぞれの講師は,自分の信念に従って,良いアドバイスをしているし,あからさまに悪い声掛けをしているわけではない。

方向性の違う声掛けでも,そのどちらもが正しいこともある。

だけど,子どもとしてはどちらの声掛けに従うべきなのか…といった葛藤がうまれることがある。

2人の講師が担当することによるリスク

次のようなこともあるかもしれない。

講師A「国語の点数はこの1か月で上げることができる。目的をもってやってこう。」

講師B「あと1か月。今さらやっても国語の点数は上がらん。それより他の科目に時間使おう。」

…こうなると致命的だ。

子どもが講師Aが好きか,講師Bが好きかで受け止める内容が選択となるだろう。

講師Aが好きだった場合,講師Aの指導科目には力を入れるかもしれないが,講師Bの指導科目は話半分になってしまうことも。

いちばん良いのは講師Aも講師Bも信頼していることなのだが,細かい言動まで講師間で全て共有するのは難しいだろう…。

学年により担当講師が代わることのリスク

5年生のときの担当講師を全力で信頼していたとする。

そして,6年生になるときに担当講師が代わる場合。

5年生の担当講師は最後に伝えるはずだ。

「6年生になったら,6年生の先生の言うことを聞くように。」

といったことや,6年生の講師の良いところなどを。

だけど,どうしても細かい方針に食い違いが出る。

そのとき,今まで長い期間一緒に過ごした講師の言うことと,新しく担当する講師のどちらの言うことに信頼を置くかというと,こと初めのうちに限ればやはり前者となることが多い。

講師が代わって1か月くらいは,講師は授業をするし,子どもも授業を聞くのだけれど,子ども側はどのような講師なのか様子見しながら学習,講師側もどのような子たちなのか様子見しながら授業,…といった状況はなかなか避けられるものではない

保護者と講師の食い違い

いちばん怖いのはコレだ。

日常的に子どもと時間をともにする時間が長いのは家族であるし,今後の人生を一緒に歩んでいくのも家族だ

だけど,保護者と講師がどれだけ同じ方向を向いていたとしても,どうしても細かい食い違いは避けられない

(完全に一致していたらもはや同一人物ですからね…。)

その中で,私の方針としては,「家庭の教育方針は最大限尊重する」が,「受験指導に関しては全て任せて欲しい」といったところだ。

家庭にお願いすることがあるとすれば,

「子どもの送迎(徒歩・自転車可)」

「授業料(現在は無料なのでなし)」

「食事など日常生活」

「願書の管理や受験料など入試に関わること」

「読書する機会をつくる」

「しっかり睡眠時間を確保する」

「家庭での子どもの様子を教えていただく」(塾での様子と家庭での様子は多くの場合異なるので…。)

…といったことだ。

勉強に関することであれば,「子どもから要望があれば,暗記学習を一緒にやってあげる」といった程度だ。

特に算数については,すべて任せていただけるとありがたい。

まとめ

科目による講師の交代,学年による講師の交代,そして保護者の方々…全員「子どものため」を思い,同じ方向を向いて教育しているのは当然なのだけれど,細かい部分まで考えれば,指導方針が完全に一致することは無い

食い違いが生じた場合,熱心な子ほどその食い違いに敏感であるし,その場合のケアを考えることは大切であるが,その前に食い違いが起きる可能性を減らしておくべきだ

算数はなるべく塾(ふだん教えてくれる指導講師のいるところ)で