自宅での運動

自宅での運動

ストレスで外に出たくて仕方なくなってしまう人もいるという…。

自宅でできること

勉強はもちろんやれるのだけれど,効果的に勉強するためには,息抜きや体力づくり,メンタルコントロールも必要なもので。

受験でも体力づくりは必要であると考えている。

この情勢の中,自宅で何ができるだろうか。

HIIT

高強度インターバルトレーニング。

運動に時間を取られたくない私が,健康のためにやむを得ず導入したのがこれだ。

(20秒運動+10秒休憩)×8=240秒

時間が無いときでも,「そろそろやるか…」と時間をとってやれるもので,非常に便利。

(算数が得意であれば,「240秒」ではなく「230秒」と答えるべきであるが…お分かりだろうか。)

バーピー

立つ→しゃがむ→腕立ての姿勢→しゃがむ→立つ→ジャンプ→…

これを繰り返すだけだ。

私の場合,20秒運動のメニューをいちいち変更することすら放棄してからは,バーピーだけを行うようになった。

とても疲れるのだけれど,ふだん全くと言って良いほど運動しない私にはこれくらいがちょうど良いのだろう。

作業が停滞しそうなときやストレスに苛まれたときなどは,ストレッチや運動で血流をよくするのが科学的にも正しい作法だろう。

その他,自律神経を整えるため,外に出ずとも「日光を浴びる」ことも意識的に行っておきたい。

(…とは言うものの,専門家ではないため話半分でどうぞ。気になったことは調べてみるのがオススメです。)

関連記事