【引用記事】よりぬき桜井さんコラム

【引用記事】よりぬき桜井さんコラム

本日は完全に趣味の話題。

桜井政博さん

私がいちばんリスペクトしている人物である。

「星のカービィ」の生みの親でもあり,「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのディレクターをずっと務めてきた人物でもある。

後者にいたっては,古今東西のゲーム体験の経験があり,かつ業界の著名人とのつながり,権利関係のハードルなどを考えても,彼以外に務められる人物は思い当たらない,唯一無二の存在である。

「日本ゲーム大賞」において「経済産業大臣賞」を受賞されたこともあり,話題を見かけるたびに活躍している。

「桜井政博のゲームについて思うこと」

雑誌「ファミ通」において,隔週で1ページの記事を書かれている。

なんと足かけ18年。スゴイ。

連載500回記念特番の動画をジーンとしながら見ていたのがつい最近のように思い出される。

「ゲームについて思うこと」としているけれど,人生訓になる話なども多く,私も影響を多分に受けている。

そのコラムがこの11/4発売の11月18日号で最終回となるそうで。

それも雑誌の日付が私の誕生日号。

勝手にご縁を感じている。

そんなわけで,カウントダウン企画として,この4日間ほどいくつか記事をweb上に無料で公開されていたのでご紹介。

【よりぬき桜井さんコラム(3)】“お客さま”の心得&ゲームの歌について

どれも読んだ記憶のある記事で,「そうそう。こんな記事あったなぁ…」などと思い出しながら読んでみたりしていた。

単行本

いちばんリスペクトしている…ということもあり,書籍はバッチリ揃えております。

実際におみかけしたのは,東京で行われたゲーム音楽コンサート「PRESS START2012」および「PRESS START2013」の2回だけである。

桜井さんが主催のひとりであるコンサートが行われていた時期に,赴く時間があって本当に良かったなぁ。

ゲーム音楽コンサート自体も好きだけれど,何より桜井さんを生で見られることにもずいぶん興奮したものだ。