リモート参拝

リモート参拝

オンコロコロセンダリマトウギソワカ…薬師寺だったと記憶しているが,小学生のころに見かけて以来記憶に残っている。

平等寺(徳島県)

四国八十八箇所霊場の第二十二番にあたる。

徳島の知り合いから,「リモート参拝で護摩行観ませんか」とお誘いがあった。

特に予定も無かったので,塾で作業をしながら眺めることに。

(「ながら参拝」…批判の的になりそうな語句である…。宗教とは無縁でいたいため,歴史的・文化的価値という観点以外で関わらない人間なのでご容赦ください…。)

リモート参拝

もともと本堂について24時間ライブ配信をしていることもあり,その中で,ふだんのお勤め・護摩をされるというかたち。

現代のお寺の在り方として,このようなかたちもあるのだなぁと勉強になる。

今年は子どもたちの修学旅行の歴史学習も難しそうだし,本堂ライブ配信に限らず,こういったYouTubeを利用した取り組みをしているお寺などが増えるとありがたいなぁ。

動画配信の活用

いまだにYouTubeに対して否定的な方もいらっしゃるけれど,YouTubeはプラットフォームであって,良し悪しは動画によるし,使い方次第というものだ。

昔,「TVを観るとバカになる」と言われたり,「ゲームをするとバカになる」といった,コンテンツをまるごと一緒くたにして考える思想があったけれど,それと似たようなものだろう。

(まぁ,昨今のTV番組は,有名人の雑談やら,専門家でもなんでもないコメンテーターが無責任好き勝手世論を扇動する雑談やらの割合が高くなってきており,それには閉口しますが…。)

コロナ禍の影響でいろいろなところに不便が出ているけれど,オンライン懇親会で新たな知り合いが増えるなど,良いこともある

特に,ふだん東京・大阪といった都会で交流している方々がオンラインに流れてきているので,中四国地方のような過疎地にいる人間にとっては,気軽に交流できる場が増えているともいえる。

与えられた状況に不平不満を言っても仕方がないから,その中で,今だからこそできることをうまく活用したい