【本】諦めの価値

【本】諦めの価値

諦めることなく読み終えた。

「諦めの価値」

「なんでも諦めないのが良いこと」とする場がよく見受けられる中,「諦め」について冷静に書かれた良書である。

著者は,以前紹介した「科学的とはどういう意味か」を書かれた森博嗣先生。

この8月に刊行されたばかりの新書。

単に「諦め」が良い悪いといったことではなく,「諦め」とは何なのか深く思考して掘り下げられている。

「諦めはどういった意味か?」

「何を諦め,何を諦めないか?」

「諦めがどのような価値をもつか?」

「拘るべきか?諦めるべきか?」

…等について,筆者がどのように考えているかが書かれている。

読み終えて感じたのは,私の考え方は森先生の考え方と方向が似ており,内容がスッと入ってくるなということ。

例えば,目的達成のために「方法」を諦めることはあるけれど,視点を変えたり他の方法を試してみたりし,「目的」自体は諦めないとか。

「他者に期待しない」「環境に期待しない」とか。

「諦めは次のステップへ移るため」とか。

「大切なのは悲観的な予測と柔軟な思考」とか。

そういったこと。

また,寄せられた質問に答える形式の部分もあり,「一般的な方々が『諦め』についてどのような悩みを抱えているか?」と「それに対し森先生がどのように考えているか?」といった内容を知ることができる。

今後の生き方についてずいぶん参考になる本だった。