北大入試に思いを馳せる ~新千歳空港全便欠航

北大入試に思いを馳せる ~新千歳空港全便欠航

「北大」という略称は正式ではないそうだが,一般には「北大」で浸透している感覚がある。

(画像は,さっぽろ雪まつりにおいて,大通公園の片隅で雪に埋もれる石川啄木像。)

新千歳空港全便欠航

新千歳空港 22日発着の全便欠航 23日朝の再開目指し夜間も除雪

↑ニュース記事。

塾の窓から外へ目をうつすと,三原でも雪が降っていた日があった。

2/22,新千歳空港が全便欠航を決定とのことで。

冬季期間,新千歳空港は雪による欠航がタイヘン多い。

なんなのかというと,この時期,大学の2次試験,前期日程が近いのですよね。

私は福山から北大を受験した身であるのだけれど,移動時間を考えれば前日から札幌泊,「飛行機欠航」を鑑みて2日前から札幌泊の予定であった。

が,その2日前の便が欠航,さらに1日前の便が満席となり,往生することに。

結局,その日に東京まで飛び,1日前の「東京-新千歳」便で札幌に着いたのだった。

札幌での生活はとても楽しい日々だったなぁ…懐かしい。

(ちょうどこの記事を書いている日に,札幌で出会った友人から入籍したとの連絡をいただきまして。とてもおめでたい。)

今年の北大受験生もタイヘンそうだけれど,それよりも「北海道から他大学を受験する生徒」のほうが,何の配慮も期待できない分,よりタイヘンであるのかもしれないなぁ…。