【本】「THE WHY AXIS」

【本】「THE WHY AXIS」

行動経済学への関心が高まっております。

「THE WHY AXIS」

著者はウリ・ニーズィー,ジョン・A・リスト。

邦題は「その問題,経済学で解決できます。」

和訳があまり好みではなかったので,この記事ではタイトルを原題に。

さて,内容である。

「行動経済学」自体について,その学問が黎明期よりどのように発展してきかという過程,そしてどのような大規模実験を行ってきたか,…そういったことが学べる本だった。

私も人を導く助けを行う職業であり,また保護者の相談に乗る役として,参考になるものは多かった。

「行動経済学」について学ぶ中でこの本を読んでも良いかなという程度で,この本が出版されたころより現在は文献も増えており,ここから出発する必要はないだろう。

反面,オビには「○○のときは?」→「こうするのが良い」といった耳障りの良い謳い文句が書かれていたけれど,それは書籍で紹介されていた具体例に過ぎない。

文化的背景等により人の心理や動きは異なるため,これは一般化し過ぎであろうと感じたし,「やはりオビは参考にならないものが多いし,むしろ誤解を招くものが多い」と感じるなど。

引き続き「行動経済学」関係の書籍,オススメがあればご紹介ください。