【本】「漢字は生きている」

【本】「漢字は生きている」

また漢字の本である。

「漢字は生きている」

著者は笹原宏之先生。

表紙にある通り,内容は「読み物」というより「クイズ」といったもの。

漢字について雑学を学ぶ,意外な一面を発見する,…といった目的で読んだり,数人で一緒にクイズを楽しんだりするのが楽しいかもしれない。

2月に講演会に参加し,漢字への関心を高められたこと,そしてその熱をもって学びを得られたこと,とても良い機会となった。