教育

1/13ページ

【引用記事】「9割が教科書を読めていない」

  • 2022.05.19

こういった話題,目にする機会が増えましたね。 「9割が教科書を読めていない」 「9割が教科書を読めていない」私立文系しか行けない子供たちの末路 ↑元記事。 この書き方,理系vs文系のような対立構造を生みやすいのでいかがなものか,とは思うものの,認知度を上げるという戦略では有効なのかしら。 実際には,理系文系の優劣ではなく「選択肢がそこしかなくなる」といった意のみ読み取るべきだ。 さて,この話題にな […]

【教育】語句と内容,どちらが大切か

  • 2022.04.09

教育に関する内容,久しぶりでは。 どちらが大切か これはあくまで私の論である。 結論から述べると,「概要の把握が最も大切だけれど,学びの段階では語句が足掛かりとして大きな役割を果たす」といった立場。 例えば「鎖国」という語句。 語句だけ知っていても語句だけ番長なのですよね。 大まかな内容は「江戸時代ごろ,日本が海外とのやり取りを断っていたこと」となるだろうか。 小学校の教科書では,この大まかな内容 […]

1人の講師が“みる”こと

  • 2022.03.14

最近この話題をちょくちょく耳にするので。 それなりの規模の塾だと先生が代わる ともや塾には,他塾から移ってこられる方もちょくちょく来られる。 その理由のうちいくつかが以下。 「学年が上がって先生が代わったので」 「上の子のときの先生は良かったのだけれど,下の子の先生は…」 こういったもの。 もちろん多数の講師が在籍していた場合,リスク回避などの点で利点は多々あるのだけれど。 代替可能な授業 講師が […]

「泣くほど悔しがるのは珍しい」

  • 2021.10.20

とある懇談でいただいた言葉である。 (いただいた時期については述べない。) 「泣くほど悔しがるのは珍しい」 読まれている方は,この言葉を聞いてどんな想像をしているだろうか。 (…読み手次第で受け取り方が変わるだろうなと考えている。) この言葉は,入試問題過去問を実践していて,成績が振るわなかったときのできごとであったらしい。 そのままではないけれど,このあとのお話は,「泣くほど悔しがるということは […]

「親ガチャ」について思うこと

  • 2021.10.02

こういうワードこそ流行語だと思うのだけれど。 「親ガチャ」 「親ガチャ」なるワードがいろいろと物議をかもしているそうで。 私の周りでは全く使われていないため,もともとどのような文脈で使われていたのかは分からない。 が,「『親ガチャ』なんて失礼」だとか「『親ガチャ』よりも努力の方が大事」など否定的な意見を述べる方はちょくちょく見かける。 以前も述べたけれど,私自身は「ワード自体よりも,どのような意図 […]

適性検査模試について

  • 2021.10.01

昨年度は塾でまとめて申し込んでいたのだけれど…。 適性検査模試 5年生・6年生向けの適性検査模試がいくつかある。 塾でご紹介させていただいているのは,以下の2つ。 ・公中検 ・一貫模試 これらについて,昨年度は塾でまとめて申し込みさせていただいていたのだけれど,今年度は個人での申し込みをお願いしている。 というのも,現在第5波が落ち着いてきたとはいえ,コロナ禍により急な中止,会場受検・自宅受検の選 […]

【引用記事】筋を通さない大人たちに15歳が言いたいこと

  • 2021.09.18

記事タイトルだけでバカにする大人が出そうな記事だなぁ。 「筋を通さない大人たちに15歳が言いたいこと」 元記事は↓。 信頼できるのは「HIKAKIN」。筋を通さない大人たちに15歳が言いたいこと(リンク切れ) 内容は… 障害だらけ。コロナ禍中の受験 修学旅行や学校行事、生徒の想いはちょっと違う 政治家も有名人も「筋が通っていない」と感じる 改めて感じた「HIKAKINへの信頼感」 「信頼できるのは […]

【教育】「日本人の3人に1人は日本語が読めない」

  • 2021.09.11

話題になっておりますね。 「日本人の3人に1人は日本語が読めない」 引用記事は以下。 学歴による社会の分断 「日本人の3人に1人は日本語が読めない」調査結果も 橘玲さんの新著「無理ゲー社会」より抜粋とのこと。 橘玲さんといえば, 「言ってはいけない」 「もっと言ってはいけない」 …といった著書で,公には触れにくい「不都合な現実」などについて触れられている。 私自身,橘玲さんの著書は読みやすいなと考 […]

【教育】大人たちが応援するのは自分の地位を脅かさない若者だけ

  • 2021.08.20

至言である。 「ミライの授業」 またまたSNSで気になったものを見かけたので。 これ,大人と子どもの関係ではよく見られるもので。 大人が自身の体裁を保つために,子どもが自身の能力を超える部分があるとすぐに押さえつけようとするもの。 押さえつける側は無自覚でやっている場合が多いだろう。 「押さえつけようなどと考えていない」と思っているはず。 教師と生徒の関係でもこういった場面は見受けられるし,もっと […]

【教育】知識

  • 2021.08.14

「語句だけ物知り」 知識 先日SNSを眺めていて目に入ったもの。 「名称を知っていることと,それを理解していることとは同義ではない」 良い表現である。 同様に「辞書的な意味を知っていたからといって,それを理解しているわけではない」 また,逆に「アウトプットできないからといって,それを理解していないとは言い切れない」 いつだったか,「『武田信玄』が教科書から消える」など話題になったが,このニュースを […]

1 13