理科

1/3ページ

【理科】皆既月食を見た

  • 2022.11.10

『月蝕』と書くこともありますね。 「むしばむ」という漢字により妖しい雰囲気や中二病らしい雰囲気を演出したいときには是非。 皆既月食 満月が地球の影に入り暗くなる現象である。 2022/11/08の皆既月食。 5年生の授業日であったので,ずっと中継動画を垂れ流しながら,欠けてきたのを確認しながらの授業となった。 そして,5年生の理科の授業の時間に眺めることができた。 子どもたちと一緒に外に出ると…… […]

【理科】皆既月食を見たい ~2022/11/08

  • 2022.11.06

ニュースでもずいぶん取り沙汰されるようになった。 皆既月食 月食の仕組みは6年生の理科で学習する。 仕組みについてはもうご存じだとは思うけれど。 月が見える位置にさえおれば,どこからも同じ月が見える。 (見える向きは見上げ方によるが……。) 問題は,雲に隠されるか否か。 今のところ11/8(火)の天気は周辺地域では「晴れ」となっている。 あとは月の方向がピンポイントで曇っていなければ見られるはず。 […]

【理科】理科の出題について思うこと

  • 2022.10.22

連続で。 理科の指導について思うこと 当然のことなのだけれど。 小中の理科の先生,「理科」の専門の先生はたくさんおれど,「物理」「化学」「生物」「地学」すべての専門家は居ないもの。 (「居ない証明は全て調査しなければできない」ため,私が存じ上げないだけでどこかには居るのかもしれないが,申し訳ないけれどそれを調べるのに時間と労力は割かない。) 私も大学の専攻は「化学」のみであり,その例に漏れない。 […]

【引用記事】「ゆで卵を生に戻す」ことに成功【理科】

  • 2022.10.07

化学のチカラ。 「ゆで卵を生に戻す」ことに成功 「ゆで卵を生に戻す」ことに成功。この技術がガン患者を救うことになるって? 高校化学において,「タンパク質の変性」の説明でよく聞く文言,「熱を加えた卵は元に戻らないでしょう?」。 この問いかけが成立しなくなる日が来たのか……。 化学に限らず科学の研究,「それが何の役に立つか?」は置いておいて,まずは新しい技術がどんどん芽を出すことに意義があるのですよね […]

【理科】Twitterに転がる動画たち

  • 2022.09.29

動画で分かりやすく解説されたもの。 どのように音が聴こえているか 台風14号を立体的に見る 海に浮かぶゴミを回収するシステム こういった動画に限ったことではないけれど。 現代は情報の種類も数も膨大であり,アクセスの仕方,取捨選択の仕方,機会の得方…これらが揃えばあらゆる情報に触れることができる。 ゆえに,素直に吸収すべきところと,疑問に感じたことについて精査するところ,これらをうまく使い分ける嗅覚 […]

【TV】鳥人間コンテスト2022を観た

  • 2022.09.03

好き。 鳥人間コンテスト2022 https://tver.jp/lp/episodes/eph9z3f9ae ↑TVerで視聴できる。 「鳥人間コンテスト」とは,人力飛行機による飛距離や滞空時間を競う競技である。 私は詳しいわけではないけれど,いち視聴者として楽しませていただいている。 なぜ私は鳥人間コンテストが好きなのだろうか。 大きな理由は「無慈悲だから」だろうか。 仲間とともに長期間かけて […]

イラスト自動生成「Midjourney」が話題

  • 2022.08.06

7月末ごろから見かける機会が多くなっているもの。 AIによる自動生成「Midjourney」 Midjourney ワードやテーマを文字で入力すると,その情報に沿った絵を自動で描いてくれるシステムである。 私は登録しておらず,流れてきた画像をいろいろ見ていたので,いくつかご紹介。 このような情緒あふれる絵が,AIによりたった1分ほどで描かれるそう。 この場合,絵の技術ではなく「ワード選びのセンスだ […]

【理科】(ニュース記事)実験中に引火したメタノールが児童にかかる

  • 2022.07.24

教員が…。 理科の実験中にメタノール引火 メタノールを直接加熱 業務上過失傷害を視野 小学校で理科実験中4人重軽傷 群馬・沼田 ・エタノールでなくメタノールを使った。 ・教員は1リットルのビーカーにメタノールを入れ、カセットコンロで直接温めた 生徒ではなく教員が率先してやってしまった例である。 6年生の理科の入試問題にもよく出題されるところだ。 理科実験は,安全面を怠ると取り返しのつかない事故が起 […]

【理科】学研の科学 ~水素エネルギーロケット

  • 2022.07.14

購入しました。 学研の科学 ~水素エネルギーロケット 小学生の頃,こういうおもちゃが欲しかった。 「水素エネルギーロケット」というタイトルであるものの, 手回し発電機, 水の電気分解, そしてロケットを飛ばす際に水素の爆発を楽しめる。 ロケットは結構な勢いで飛ぶため,扱いには要注意であるが,手軽に理科実験ができるキットである。

【理科】火星から日食を撮影

  • 2022.06.05

私が撮影したわけではありません…。 火星から日食を撮影 「日食」といえば「月が太陽の前を隠すこと」なのだけれど,これは地球から見ることが大前提の表現なのだなぁと改めて考えるなど。 火星から見る場合,火星の衛生は月ではなく「フォボス」と「ダイモス」となる。 月と異なり,球形でもなければ,火星から見たそれの大きさは太陽の大きさとも異なる。

1 3