2020年3月

2/4ページ

神戸大学を訪れた思い出

  • 2020.03.21

「100日後に死ぬワニ」,100日目になる直前に出版社公式から「後日譚」などの書籍化情報が出たりし,興ざめしてしまった…。 100日目の終わり方は良かったのだけれど,それよりも急にカネのニオイが強くなってある意味私の心の中でワニが死んでしまった。 無料でやるだけで終わるわけにはいかないし,当然といえば当然なのだけれど…。 (そして「後日譚」を「後日談」と誤読する人が多いことにも「なるほどなぁ…」と […]

春期講習2020

  • 2020.03.20

気付けばあと1週間! 今年は新型コロナウイルスの話題でもちきりということもあり,動きは例年より少ないのだろうなぁ。 日程・時間割 新 小学5年生: 10:00~12:30 国算理社 新 小学6年生: 13:00~17:00 国算理社 新 中学1年生: 17:15~18:15 数 新入塾について 通常の入塾と同じく,懇談させていただくこととなる。 一般的な塾と大きく異なるが,今通ってくれている子の指 […]

尾道を訪れた3 ~猫の細道

  • 2020.03.19

「公私」のうち,「私」が多いブログである。 今週は「私」が続いているから,もう少しバランスを意識して記事のサイクルを作りたいところ。 本日は,ローカルニュースを見ながら気になったところへ。 猫の細道 1つ目の目的。 気になったまま訪れていなかったところ。 いつ来ても良かったのだけれど,もう1つの目的のついでに。 寂れた雰囲気が良いなぁ…。 ふだん生活している人は何も思わないのだろうけれど,何気ない […]

100日後に死ぬワニ

  • 2020.03.18

ネット上で何かと話題だ。 日めくり4コマ漫画 漫画家のきくちゆうき先生が描く,「100日後に死ぬ」と明示されたワニの日常を日めくりで描いている。 「死」までの100日間が毎日更新されているが,特別なことはなく,淡々とした日常がほのぼのと続いている。 現在「死」まであと1週間を切っている。 作者は,本作を通して自分の「終わり」や周りの「終わり」を意識することで,行動や生き方がより良い方向にいくのでは […]

【TV】素顔のギフテッド

  • 2020.03.17

「協力:MENSA」と聞いていたこともあり,視聴。 ギフテッド 語源は「gift」に「ed」が付いたかたち,すなわち「(天から資質を)授かった(者)」のような意。 簡単に言えば,「天才」。 ひとくちに「天才」と言っても,「数学的能力に優れる」とか「言語能力に優れる」,「音楽の才能ががある」といった,客観的に見て明らかに能力が突出している場合もあれば,「心理理解に優れる」とか「アウトプットは難しいが […]

平家谷つばき園

  • 2020.03.16

福山市内にあるつばき園だ。 数が多いわけではないが,記事のアイコン画像として見栄えの良いものが多く,つい使ってしまう。 平家谷 平安時代末期の源平合戦で敗者となった平家。 その落人が隠れ住んだなど,ゆかりの地は全国にある。 数にして70以上。 尾道市に浮かぶ百島(ももしま)にも,平家の子孫とされる方々がいらっしゃるらしい。 今回紹介するのは,福山市内の沼隈町にある平家谷つばき園。 つばき園 毎年3 […]

先週今週の授業 ~3/2-14

  • 2020.03.15

新型コロナウイルスへの対応は…。 (現在「新型コロナウイルスは湿度に弱い」という情報が出始めております。真偽は分かりませんが,ともや塾では「加湿清浄機」をフル稼働しておりますよ!…とアピール。) 2週間 学校への休校要請からの2週間。 ともや塾では…「通常通り」授業を行ってきた。 要請を聞いたときに最初に考えたのは,「1週間休講しながら様子見だな」ということだった。 しかし,2/28,2/29の2 […]

紙の地球儀

  • 2020.03.14

このたび,初めて紙の地球儀を作ってみた。 たとえ費用対効果がうすいと分かっていても,「面白いかも…」と思ったもの,「授業で使えるかも…」と思ったものに手を出してしまうのは悪いクセか…。 (お蔵入りになるものも多いですが…。) 谷謙二先生の研究室 現在,小学5年生の社会では,イントロにあたる部分が世界地理だ。 地球儀の扱い方などを軽く学習するが,中学入試にももちろん出題される,大切なところだ。 「そ […]

バツつけ

  • 2020.03.13

(画像はずいぶん昔に作成した中1社会のテストを改変したもの…) 私の授業では「マルつけ」よりも「バツつけ」を行うことが多い。 イヤがらせが得意な講師なのだろうか? 日本での標準的なマルつけ 日本国内では,合っているところに「○」をつけるのが標準だ。 合っている部分を褒める,称えるといった意味合いが強いのだろう。 そして逆に「×」や「レ」は悪いところ,目を背けたいところとして認識されているように思う […]

モンティホール問題

  • 2020.03.12

京都大学へ訪れたとき,久しぶりに聞いた話題だ。 モンティホール問題 「モンティホール」とは何だろう? アメリカのテレビ番組の司会者の名前だ。 とあるテレビ番組で行われていたゲームに関する論争が,「モンティホール問題」だ。 単元でいえば「確率」,それも「条件付確率」の問題であるから小学生の範囲外ではある。 が,フロリダ大学の博士なども含め,正しい解答に反論する間違った解答の投書が1万通以上も届いたと […]

1 2 4