2020年度後期の学校教科書が届いた

2020年度後期の学校教科書が届いた

9/16から取り扱い開始とのことで,予約しておいたもの。

保護者様からのお知らせにて知る

「小学5年生,下巻の教科書が配布されました!」との旨のご連絡をいただきまして。

(ありがとうございます!)

「いつかなー」と思っていた後期の教科書を早速検索して予約。

学校の教科書はの販売は,いちおう子どもたちに行き渡ってからになるのですよね。

まだ発刊されていないもの

4年の社会がまだである。

これは,旧課程のものが「小3・4上」「小3・4下」となっており,現小4は旧課程のもので学習することになっているから。

逆に,来年度小4は「小3社会」「小4社会」と分かれているもので学習するため,「小4社会」はまだ必要ない状態になっているのだ。

学校の教科書を必要とすること

小学校での授業展開は分からなくとも,「どういった教科書で学習しているのかをさらっておく」とか「確認したいときに手元にある」とか,そういう目的。

それから,周辺校では「塾用教材では扱われず,学校の教科書にしか登場しない内容」が入試に出題されることも多い。

ゆえに,少なくとも自分の頭には入れておかないと,適切な解説やアドバイスができない。

旧課程の理科社会については,どの学年のどの場面でどこまで詳しく学習しているのかをだいたい把握していた。

今年度は教科書改訂があったがゆえに,いつもよりも気を引き締めて私自身も知識を蓄積していかねばね。