1/6ページ

【国語】広大附属福山中の国語の出題2022

  • 2022.07.01

当分サボっていたシリーズである。「読んだ本」的な。 広大附属福山中の国語 著作権の関係で,入試問題集を購入しても問題を確認できないもの。 「ともや塾」にそろえられている本を紹介。 今回は2022年度入試に出題されたもの。 はじめて学ぶ環境倫理 著者は吉永明弘さん。 発行は2021年12月10日となっている。 入試日が2022年2月2日であることから考えると,発行日から2か月ほどで入試に出題されたこ […]

【本】3000万語の格差

  • 2022.06.18

「語彙力」への関心が高いので,読みました。 「3000万語の格差」 副題は「赤ちゃんの脳をつくる、親と保護者の話しかけ」 著者はダナ・サスキンド女史。 原題は「Thirty Million Words: Building a Child’s Brain」 直訳すると「3000万語: 子どもの脳のつくり方」となるだろうか。 翻訳では「格差」といった表現が使われたり,「赤ちゃん」といった表 […]

【本】「予想どおりに不合理」

  • 2022.06.09

行動経済学漬け。 「予想どおりに不合理」 オススメされたので読んだ。 副題は「行動経済学が明かす『あなたがそれを選ぶわけ』」。 著者はダン・アリエリー氏。 原題「PREDICTABLY IRRATIONAL」。 副題「The Hidden Forces That Shape Our Decisions」。 邦題のセンスも良いのだけれど,何の本かが分かりづらいかもしれない。 全編通して学べる話がたく […]

【本】ヘンテコノミクス

  • 2022.06.04

行動経済学まんが。 【本】「ヘンテコノミクス」 「行動経済学に関心がありまして」とブログに綴っていたら,保護者の方が貸してくださいまして。 今まで私が読んできたものが「まんが」で読めるものとなっており,活字を読むのに体力を使う方も読みやすいのでは。 さほど時間をかけず読める点や,日常のものごとを扱われているのも分かりやすい,入門にうってつけの本だった。 「行動経済学」については今後生きてゆく若い人 […]

【本】「漢字は生きている」

  • 2022.05.17

また漢字の本である。 「漢字は生きている」 著者は笹原宏之先生。 表紙にある通り,内容は「読み物」というより「クイズ」といったもの。 漢字について雑学を学ぶ,意外な一面を発見する,…といった目的で読んだり,数人で一緒にクイズを楽しんだりするのが楽しいかもしれない。 2月に講演会に参加し,漢字への関心を高められたこと,そしてその熱をもって学びを得られたこと,とても良い機会となった。

【本】「THE WHY AXIS」

  • 2022.05.10

行動経済学への関心が高まっております。 「THE WHY AXIS」 著者はウリ・ニーズィー,ジョン・A・リスト。 邦題は「その問題,経済学で解決できます。」 和訳があまり好みではなかったので,この記事ではタイトルを原題に。 さて,内容である。 「行動経済学」自体について,その学問が黎明期よりどのように発展してきかという過程,そしてどのような大規模実験を行ってきたか,…そういったことが学べる本だっ […]

【本】「行動経済学」

  • 2022.05.01

タイトルが大きすぎやしないか…と心配になる。 「行動経済学」 「見るだけで会話ができる!」←このキャッチコピーで良いのかしら…? 毎度ながら書籍のキャッチコピーや売り文句,ズレているものばかりで全く考慮に入らない…。 (無意識に視界に入れていないのか,購入したあとに見ることが多い…。) 著者は阿部誠さん。 私の中で「行動経済学について学びたい」という関心が高まっておりまして。 おもにマーケティング […]

【本】「日本の漢字」

  • 2022.04.23

ずいぶん前に購入したのですが,ようやく読み終えた。 「日本の漢字」 著者は漢字ハカセこと笹原宏之先生。 タイトルから内容が想像しづらいと考えるので,以下もくじを。 1. 漢字を受け入れる -日本の多様な文字体系 2. 「圓」から「円」へ -俗字・国字の誕生 3. よく見る漢字 4. 文字から見える社会 5. 地名と漢字 6. 一人だけの文字 7. 日本人のための漢字とは 研究者らしいタイトルではあ […]

【社会】「桃太郎電鉄 都道府県 100のクイズ」

  • 2022.04.19

子ども向けの本,「どのようなものか」「子ども視点だとどう読めるか」という視点で読んでしまう。 「桃太郎電鉄 都道府県 100のクイズ」 発売されたので,即購入。 内容については以下。 ・「○×問題」「選択肢」等,都道府県の雑学あれこれが100問。 ・フルカラーである。 ・単発の問題ばかりなので,スキマ時間に眺めるも良し。 ・薄いので,量は満足だけどモチベーションがもたないといったことが避けられる。 […]

【本】漢字が好きになる!!

  • 2022.04.08

笹原先生に感銘を受けたので,いつものように粘着して読んでいる。 「漢字が好きになる!!」 タイトルは「漢字が好きになる!! 漢字博士がマンガで解説!」のよう。 監修は笹原宏之先生。 「マンガかマンガでないか」は子どもたちには重要な部分であるらしく。 やはりとっかかりの部分,好奇心を引くかいなかの部分は大きいのだなぁと感じるなど。 内容については前回述べすぎて反省していることもあり,今回はあれこれ述 […]

1 6